ラブロマンス・胸キュン

「白の歯車 My Gear and Your Gown」のあらすじや感想、視聴方法

タイBLドラマ「白の歯車 My Gear and Your Gown」に関して、あらすじや感想、主演キャストやカップル情報、動画を無料で見る方法などを紹介します。

要約
  • 性格の異なる二人が徐々に惹かれ合う胸キュンラブロマンス
  • 切なく泣ける話で筆者は最終回で号泣
  • GMM TV公式動画としてyoutubeで無料視聴可能
編集部員
編集部員
この作品は編集部もお気に入りの作品で気合入れて書きました。参考になれば嬉しいです♡。

動画の視聴方法・配信サイト

youtubeで日本語訳付きで観ることができます!

タイのGMM TVが公式に動画配信しているので、安心してみてください^^

ただし、いつジオブロック(日本からの視聴制限)かかるか分からないのでお早めにどうぞ♪

あらすじ

高校三年生の時にタイへ引っ越してきた主人公Pai(パイ)は、転校早々トラブルに巻き込まれてしまいます。

とある青年がそれを助けてくれましたが、眼鏡をしていなかったため青年の顔を見ることができずにいて、いつかお礼をしたいとずっと思っていました。

ある日パイはビショップクラブ(学芸部)の部長に就任したところ、部室を共用で利用するナイトクラブの部長Itt(イット)が、以前パイを助けてくれた青年だったことが判明。

教師の提案で成績が悪いイットの家庭教師をパイが引き受けることになり、正反対の2人ですが彼らの距離は徐々に近づいていきます。

サブカプのピュア、ワーンを交えた4人を中心としてストーリーが進む胸キュンラブロマンスです。

作品情報

放送:2020年、GMMTVで放送されたタイのテレビドラマシリーズ

構成話:全12話

原作

タイのテレビ局GMMTV Studio Wabi Sabiが制作した作品です。

監督・関連作品

監督:Siwaj Sawatmaneekul(ニュー監督)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Siwaj Sawatmaneekul(@aloneww)がシェアした投稿

この監督がすごいのなんの!タイBLファンは泣いて喜ぶ最高の作品の数々を手掛けたBL界の若き巨匠。

【監督作品】
2016年→Make It Right
2016年→War of High School
2017年→Make It Right 2
2017年→Please… Seiyng Reiyk Wiyyan
2018年→Love By Chance
2019年→ReminderS
2019年→Until We Meet Again
2020年→En of Love
2020年→Love By Chance2:A Chance To Love
2020年→My Gear And Your Gown

ちなみにCaptain君の従兄弟だそうです!

主題歌

「白の歯車 My Gear and Your Gown」の主題歌は以下となります。

曲名:ถ้าเธอลองเป็นฉัน(Tha Thoe Long Pen Chan)

アーティスト名:アーム・ウィーラユット・チャンスーク(Arm Weerayut)

切ないストーリーにぴったりのしっとりした曲調です。

キャスト

タイでは、親から付けてもらうニックネーム(あだ名)がそのまま俳優名になります。

ドラマに登場する俳優・キャストをニックネームとともに紹介していきます。

パイ役(Pawin君)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Win Pawin(@winpw)がシェアした投稿

Instagram https://www.instagram.com/winpw/

Twitter https://twitter.com/Winpww

Pi(パイ)役を演じたPawin(パウィン)君の本名はクーラカーラニャウィット。

1996年6月19日生まれの身長170cm。

「白の歯車 My Gear and Your Gown」ではさえない主人公を演じていますが、本人はとってもイケてるお兄系男子!

ロストインウォーター 神秘の島」などにも出演されていますが全く異なる演技でとてもお芝居が上手な俳優さんです。

イット役(マーク君)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@marc.m_cがシェアした投稿

Instagram https://www.instagram.com/p/COr7MfhNBAF/

Twitter https://twitter.com/marcmc_mc

Itt(イット)役を演じたMarc(マーク)君の本名はPahun Jiyacharoen(パーフン・チヤチャルーン)。

2002年3月27日生まれの若手俳優さん。

「BLACK LIST」にて副生徒会長を演じたことでも知られていて、共演したチモン君と私生活で交流があるようです。

とても端正な顔立ちをしていて、これからの活躍が期待される若手俳優さんです。

ワーン役(ジェージェー君)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔸JJ🔹(@jj__chayakorn)がシェアした投稿

Instagram https://www.instagram.com/jj__chayakorn/

Twitter https://twitter.com/JjChayakorn

JJ(ジェージェー)君の本名はChayakorn Jutamat(チャヤコーン・ジュタマット)。

2001年3月9日生まれ、184cmの高身長男子。AJという双子の兄弟がいます。

などかなり多くのBL作品の出演されているBL俳優さんです。

ピュア役(フィアット君)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@fiat_pattadonがシェアした投稿

Instagram

ツイッター

ピュア役を演じたFiat(フィアット)君の本名はパタドン・ジャングン(Pattadon Janngeon)

1996年10月22日生まれ。

SOTUS S」、「The Gifted」他多数出演。

演技がとても上手な俳優さんで「A Gift For Whom You Hate」(嫌いな人への贈り物)では、非常にサイコパスな役を見事演じていました。

CPカップル概要

イット×パイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Win Pawin(@winpw)がシェアした投稿

今作の主演CP。白の歯車の中では同い年の設定ですが、本人たちは6歳ほど年が離れています。

過去にインスタライブでマーク君の膝の上にパウィン君が乗っており、可愛いと一部のファンをざわつかせました♡

ピュア×フォーク

 

この投稿をInstagramで見る

 

@fiat_pattadonがシェアした投稿

フォーク役のナパット君に関してはまだまだ若手の為情報が少ないのですが、とてもかっこよくて将来が楽しみな俳優さんの1人です。

フィアット君は残念な役が多いのですが、今回は男女問わず人気のあるイケてる役で活躍しています!

ネタバレ感想

性格の異なる2人が惹かれ合っていく姿に胸キュンしちゃう王道のBL作品ですが、一言で「BL」と済ませるにはもったいないくらいドラマとしても相当に作り込まれた作品だと感じました。

ここまで一人一人の心情が丁寧に描かれている作品はなかったかも…。

明るく切ないラブロマンスでしたが、見た後にとてもハッピーな気持ちになれますので、ぜひ見てみてください♪

ちなみに「LoveByChance」を見た方なら、ドラマ間がリンクしてて「お!」と思うシーンが複数出てきて楽しめますよ。

さて、ここからはネタバレ感想ですが気合入れて書きましたのでよかったら見てください♪

ネタバレ感想はコチラ♡

「あの日の約束を覚えているか?」 ドラマの冒頭、この一言から始まります。

約束、ピアスが伏線かつキーワードになっていきますので、まだ観ていない人はこの言葉を頭に入れてぜひ見てほしいです!

………

頭脳明晰、優等生、親は病院の経営、自分も医学部を目指す主人公のパイ。

対して、運動神経は良いが成績は教師が頭を抱えるほど問題のあるイット。

それぞれがクラブの部長を務めるのですが、部室は共用。

成績優秀なクラスと問題児の多い成績下位のクラス。折り合いは中々つきません。

高校の先生が、イットの家庭教師をするようパイに言い伝えます。最初は否定的なイットでしたが、しばらくして勉強を見てもらうことになりました。

2人の距離は縮まり、胸キュンシーンも度々。ワーンやピュアも加わり、楽しい学校生活が続くと…思っていました。

しかしすれ違い、仲違いしたイットとパイ。無事進学しますが、2人とも同じ大学でした。

もはっきりいって、これ偶然じゃないんですよね。実は、イットの計算の内…❗

ことあるごとにパイに突っかかるイット。甘いシーンより喧嘩シーンのほうが多いかもしれません。でも、全部愛情の裏返しだったんです!

クライマックスですべてが明らかになります。

私はパイが大学デビューしたことに驚きました。

高校時代は眼鏡に適当な髪形と冴えないタイプでしたが、進学したとたんniレーシック手術を受け眼鏡を外し、外見に気を遣うようになったのです。

めちゃくちゃかっこいいじゃないか!!!

医学部のムーンに選出されるほどです。(ムーンとは日本でいう、ミス・ミスターのようなもので2Moons2のタイトルにもなっていますよね!)

ちなみにイットもムーンに選出されました。かっこいいですもんね。

ここでも突っかかるイットですが、それもすべてはパイのためだったんです。

それがわかるのは11話以降です。

ようやく2人が通じ合えた!と思った矢先、キスシーンをパイの両親に見られてしまいます。

両親はショックを受け、2人を引き離そうとします。パイも、せっかく通じ合えたのに別れなければならないと泣いてしまいます😥

そんな彼に寄り添ってくれたのが、高校時代からの友人の1人ワーンです。

ワーンは何かとパイを気にかけていて「とても素敵な友人を持ったね」と感極まりながら観るシーンが何度もありました。

頭を抱える両親ですが、病院の先生に諭されます。

パイはずっと良い子でした。成績優秀で、両親がいなくても我慢して、文句ひとつ言わない。

確かにパイは両親のことが好きでそうしていたのですが、一人で食べる食事は無表情で、心ではずっと孤独を抱えていたのだと思います。

「そんな彼と向かってきたと言えるのか?」「性の多様性とは?」「自分たちの子どもを信じて、愛して、向き合って」と。

ある日、両親は朝食の席に姿を見せました。ここで私の涙腺崩壊。

寂しいといえなかった…けどようやくそれに気づき、泣いて、ほほ笑み合う家族。

実は両親のもとにイットが訪ねており、ちゃんと話し和解したようです。

デートに行くパイを見送る両親のなんと微笑ましいことか。

最初から最後まで見なければわからない愛おしい感情がそこにあります。

ワーンは大学の先輩に片思いしていましたが、ピュアの計らいもあり両想いに。

先輩役には、SOTUSでおなじみのニーラちゃん。

ピュアは、思ってる以上にプレイボーイで男女問わず好き放題。実は家庭の事情もあってのことだと思いますが…。

フォークに出会い、一人と真摯に向き合うことができました。やっと本当の恋人を見つけたんですね。

フォークとは、パイに思いを寄せていた歯学部の生徒ですが、ピュアに心を開き、プレイボーイの彼に対し不安もあったと思いますが、ピュアの真剣な思いが通じ、両想いになります。

どんなにかっこよくても、お金持ちでも、軽く見えても、きっと誰しもが見えない悩みを抱えているのだと改めて思いました。

それはやがて変化の時がきて、そこには友人や恋人、家族の支えがあってこそ乗り越えられるものです。

無事苦しみを乗り越えた先に、屋台でラーメンをすするイットとパイがいるんです。

ずっと幸せが続きますように。今作のファンとの”約束”、ですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。